兵庫県建築士事務所協会神戸支部ウェブサイト

 

  • 市民のみなさまへ
  • 建築士のみなさまへ
  • 会員のみなさまへ

 

支部長挨拶

 

ごあいさつ

神戸支部 支部長 柏本 保



一般社団法人 兵庫県建築士事務所協会神戸支部のホームページをご覧いただきありが とうございます。


我々が愛する神戸の町が近代的国際性豊かでハイカラな町となったのは、神戸開港と同 時であります。先進欧米諸国の特権区域であった旧居留地、北野町、山本通りの近代建築 が神戸の歴史、文化、景観の主役となりハイカラ文化が育ちました。 それらのすぐれた建築作品を生んだ土壌が神戸の建築家や設計事務所を育て、今日の神戸 の景観や建築文化を形成しました。


神戸支部は1959 年2 月14 日、会員51 名が設立総会を開催し、神戸支部の前身にあた る「神戸建築設計監理組合」として誕生しました。その後半世紀が過ぎ、正会員、賛助会 員を合わせて150名を超える県下最大の支部へと成長したのは、皆様の支えのおかげで あり、母体となる本部組織の指導の基、今日まで努力された諸先輩会員の努力の賜物と感 謝申し上げます。


1995 年1 月17 日の未曽有の「阪神淡路大震災」および、2011 年3月11 日の「東日本 大震災」と我々が生きている間に、2 度の大震災を経験しました。多くの建物の崩壊を間近 で体感したことは我々建築に携わる人間にとってはショックな出来事であり、自然の大き な力の前で我々はいかに無力であることを思い知らされました。 「阪神淡路大震災」以降建築の専門家として兵庫県や神戸市の指導に基、建物の耐震診断 や耐震補強の業務に携わってまいりましたが、ここ30 年間の間に必ず起きるといわれる「東 南海・南海大震災」に備えるためには、まだまだ住民意識は充分ではありません。 近年、社会が成熟期に入り、建物が『クラップアンドビルド』の時代から『サスティナ ブル(持続可能な)』社会資本として位置づけられるようになりました。町の建築のドクタ ーとしての我々の役目がさらに重要となってまいります。


今後も我々『一般社団法人建築士事務所協会神戸支部会員』が高い倫理観を持ち、地元 神戸に根付いた、市民に愛される身近な建築の専門家として認知度を高め、社会的役割を しっかり果たし、安全・安心な街づくりに寄与してゆきたいと思っておりますので、よろ しくお願い申し上げます。


                                         2014 年5 月9 日
                           一般社団法人 兵庫県建築士事務所協会
                                  神戸支部 支部長 柏本 保

ページのトップへ

  • 広報誌『アプローチ』
  • 耐震診断って何?(ムービー)
  • 作品展
  • スケジュールカレンダー

 

一般社団法人
兵庫県建築士事務所協会神戸支部