兵庫県建築士事務所協会神戸支部ウェブサイト
  • 市民のみなさまへ
  • 建築士のみなさまへ
  • 会員のみなさまへ

作品展

HOME › 作品展:株式会社いるか設計集団

株式会社いるか設計集団

人として、生きるという事は、良い環境の中で生きることであってほしい。 地域の特色や伝統を受け継いだ自然素材を使い、手触りで感じる空間。 季節の移り変わりによって、彩りを変える空間。 そんな中で子どもたちやご老人、立場の弱い人たちが楽しく暮らせる空間が大切である。つくる人やつかう人、多くの人が関わることで、一つ一つの小さな工夫やアイデアが集まり空間ができる。それが地域の色々な場で実践されることによって、幸せな環境を作り出せると信じている。

電話番号 078-332-4902
事務所ホームページURL http://www009.upp.so-net.ne.jp/iruka/

豊岡市立弘道小学校
(兵庫県豊岡市出石町)

多様な教育に対応することができるオープンスペースとメディアセンターを持つ小学校である。また、木造の学校建築が全国でたくさん建設されるきっかけともなった、木の学校。

神戸市立玉津第一小学校
(神戸市西区小山)

敷地の特性をエコに活かす、学校を南北に貫く外部空間「緑のパサージュ」、そこから卓越風を校舎に引き入れるエコスクール。
学年ユニットは、2クラスに一つのワーク空間と小さなメディアコーナーをもち、教員の準備コーナー、DEN、学習リソースとして利用できる。ウッドデッキや音楽や図工のテラスによる内外の空間の展開を企図した。外部には、広場や農園など多様な空間がある。

I医院デイケアセンター Casa
(兵庫県養父市浅野)

地域と山並みに調和したシンボリックな屋根形状、さらにこの地域で繁栄していた土壁の養蚕農家の簡潔な美しさを現代的に解釈したデザインとした。内部空間は、フレキシブルなホール空間を中心とした構成となっている。夏は高温多湿で、冬は多雪の気象条件だが、年中快適に過ごせるエコロジカルな環境計画を行った。また、高齢者が落ち着けるように木を多用し、家庭的な雰囲気が感じられる空間とした。

鳴尾のタウンハウス
(兵庫県西宮市小松南町)

この建物は1958年に日本住宅公団のテラスハウスの初の分譲住宅。今後にふさわしい住まいとするため生活を提案しつつ原案を重ねた。躯体をスケルトンまで戻し、外側に新しい皮膜をつくり、外断熱により躯体を保護。1階居間、2階和室、離れ、中庭の4つの空間とし、内外装に自然素材を多用し、爽やかさ、軽さ、明るさの表現につとめた。熱環境では、中庭、建物上下の気流循環により、建物全体が呼吸し、温湿度調節を行う計画とした。

 

ページのトップへ

  • 建築士事務所協会について
  • 会員名簿
  • トピックス
  • 建築関連リンク集
  • 広報誌『アプローチ』
  • 耐震診断って何?(ムービー)
  • 作品展
  • スケジュールカレンダー

一般社団法人
兵庫県建築士事務所協会神戸支部